協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 舘林勲:重賞有力馬ジャッジ
  4. 【阪神JF】ソダシ・メイケイエールに不安材料も…
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

舘林勲:重賞有力馬ジャッジ

2020年12月09日(水)更新

【阪神JF】ソダシ・メイケイエールに不安材料も…


阪神JF2020出走馬①
ソダシ

タフな展開となった札幌2歳Sでレコード勝ちを飾り、アルテミスSでは予想以上に速さに対応する上がり3ハロン33.9秒の脚を駆使して重賞連勝。無敗のGⅠ制覇、白毛馬の初GⅠ制覇を目指しての出走となる。ここまでの3戦で機動力と持久力に優れていることを証明しており、連続開催の後半戦という変則日程も馬場条件的にはプラスに作用しそうだ。それでも、優れた2点を生かす積極競馬を外回り戦で試みた場合、押し切るためにはかなりの能力差が必要。厳しい戦いとなりそうな印象を受ける。



阪神JF2020出走馬②
メイケイエール

デビューから3連勝。1200→1400と距離を延ばしながら重賞連勝を決めている。それも、両レースともにテンに出さない競馬を試みているが、道中では我慢が利かずに鞍上の意図に反して上昇と完全に折り合いを欠く内容。それでも直線ではしっかり脚を伸ばす勝ち方は着差以上の能力差を感じさせる。今回は1ハロンの距離延長、直線長い外回り戦となる中で、いかに折り合えるかがポイントとなるが、過去2戦を見る限りは難しそう。それでも上位争いには顔を出す脚力を持っている。


阪神JF2020出走馬③
サトノレイナス

目立つ走破時計ではなかったが、マイル戦で上がり最速マークの2連勝。サフラン賞でも随所に若さを見せながらレース上がりを1.0秒上回る末脚を繰り出している。ド派手な勝ち方ではなくパッと見は凄さを感じさせないが、前走でも4角では馬群中を割ってロスを抑える進路選択ができており数字以上の確かな強さを漂わせている。一戦毎に稽古の動きにもしっかり感が増してきており、外回り戦なら存分に実力を発揮できそうだ。


阪神JF2020出走馬④
オパールムーン

夏の新馬V後に休養を挟んでファンタジーSと王道ローテを歩み、前走でもレコードV馬に0.1秒差の2着としっかり結果も出せている。しかも、道中は最後方でじっくりと脚をタメる形。外回りのマイル舞台を強く意識したレースぶりと映った。内回り戦で上がり33.5秒を記録した末脚は、この舞台で強力な武器になること間違いなし。実績馬に劣らぬ扱いをしたい存在だ。


阪神JF2020出走馬⑤
インフィナイト

不良馬場で1、2着。サウジアラビアRCでアッサリ離され過ぎとの印象が強かったが、勝ち馬は今後の可能性を秘める牡馬。しかも、本質的には悪馬場が得意とは思えない走法。これを考えれば前走は悲観すべき走りではなかったと言える。未知な部分がまだ多いが、良馬場で上位馬と互角の走りをし得る可能性を十分に秘めている。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line