協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 12/12・13開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2020年12月16日(水)更新

【舘林勲特別監修】12/12・13開催の次走注目馬




中山

土曜

7R 3歳上1勝クラス(ダ1800m)
次走注目:ペルセウスシチー
(2人気6着)
先団直後の内を確保して流れに乗る形。最後までしっかり走り切れていた割には前走ほどの末脚を使えなかった印象だが、昇級戦で休み明け。しかも、調教ピッチをそれほど上げていなかったことを考えれば悪くない内容。通用のメドが立つ走りだったと言える。
ダートに矛先を向けてブリンカーを装着した近2戦では気性面のモロさも出しておらず、特に今回は馬群の中で競馬ができたことが今後を考えると大きな収穫。体調アップが見込めそうな次走はVチャンスが十分にありそうだ。

10R アクアラインS(ダ1200m)
次走注目:アポロビビ
(1人気4着)
元々スタート自体が速い方ではないが、今回はいつも以上にダッシュがつかず置かれる形に。ここからロスを避けて馬群内に入れて運んだが、4角手前ではやや身動きが取れない位置にハマッてしまい、直線に向いても進路がスパッとは開かずに窮屈な競馬を強いられた。
それでもゴール前では脚勢目立つ脚を駆使しての0.2秒差は現クラス勝ち上がり脚力を、1番人気に推された脚力をしっかりと示した敗戦内容だった。この舞台で初めて連対圏を外す結果となったが、能力評価を下げる必要はない中身が認められる。

中京

日曜

9R 3歳上1勝クラス(ダ1800m)
次走注目:プロミストウォリア
(1人気2着)
押し出された格好の楽な逃げで押し切り濃厚かと思われたが、直線半ばで轍にビックリして内に逃避。ラチに激突するアクシデントに見舞われた。普通ならこの時点で人馬ともに気力が萎えて沈んでいくところだが、態勢を立て直してから再び脚を伸ばしての2着盛り返しは立派なひと言。
キャリア1戦で8ヵ月ぶりの実戦だったことを考えれば、仕方ないアクシデントであり、2クラスは違う走力を見せつけたと言える。走路再試験を課された次走は調整が難しくなるかもしれないが、現クラスならまったく問題はないだろう。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line