協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 舘林勲:重賞有力馬ジャッジ
  4. フィエールマンの懸念材料と有力牝馬3頭のジャッジ
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

舘林勲:重賞有力馬ジャッジ

2020年12月23日(水)更新

フィエールマンの懸念材料と有力牝馬3頭のジャッジ


有馬記念2020出走馬①
フィエールマン

菊花賞、天皇賞・春を2勝と距離3000m以上のGⅠレースで好結果を残してきたが、今年は天皇賞・秋でも速さに対応して1分57秒台の走破。新面発揮というよりは改めて真なる強さを見せた印象だ。そして、最も重要視されるこの時期の中山2500mへの適応力も昨年4着で示している。ただし、昨年は勝ち馬から1.1秒も離されており、サートゥルナーリアらと差がなかったことをどう見るか。救済材料としては凱旋門賞帰りだった昨年よりも体調は遥かに今年の方が上という点が挙げられるが。



有馬記念2020出走馬②
クロノジェネシス

12戦6勝で11戦までが3着以内と超堅実な戦績を誇り、今年もGⅠ~Ⅱの芝2000~2200mを4走してすべて首位争い。強い牝馬勢の中でも上位ランクすべき存在と言える。しかも、重馬場の京都記念で2馬身半差、稍重の宝塚記念で6馬身差と時計要す馬場を大得意としているタイプ。日毎に上がり時計が遅くなる現在の馬場に非常にマッチするタイプと考えられる。初の中山、初の2500戦ではあるが、舞台適性では最上位との評価が可能だ。


有馬記念2020出走馬③
カレンブーケドール

未だに2勝馬だが、昨年はオークス、秋華賞、ジャパンCとGⅠで3度の2着。今年もジャパンCで0.2秒差4着とその実力に偽りないことをアピールしている。この馬も中山2500mが初めてとなるが稍重~重馬場のGⅠ~GⅡを4戦してすべて2着と馬場悪化、渋化をプラス材料に転化できるタイプ。加えて、自在味ある競馬ができるのが大きな強調点。今回も持ち味を発揮して上位争いに加わってきそう。


有馬記念2020出走馬④
ラッキーライラック

4歳時に気性面の危うさを出すシーンがあり、一時期は立ち直りが難しそうな雰囲気もあったが、見事に復活を果たして4歳秋以降にGⅠ3勝。デビューから3連勝で2歳女王に輝いた能力は現在も健在だ。過去2200~2400mでも【2-1-1-1】の戦績を残していることから距離自体に不安は覚えないが、1800~2000mの方が強さ、凄味が感じられる。他に適性高い牝馬が多いことを考えると、連対圏までに届くかどうか。


有馬記念2020出走馬⑤
ワールドプレミア

昨年の菊花賞馬で昨年の3着馬。今年はなかなか体調が整わず、ようやくターフに戻れたのが前走のジャパンCだった。その前走時は追い切り内容に物足りなさが残っていたが、0.8秒差の6着と初めての4着以下となる敗戦を喫したが、何とか格好を保つ走り。次走に向けて不気味さを漂わす印象が強かった。ただ、この中間も攻め気配に上昇度が感じられない。当日までにどこまで体調を上げられるか。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line