協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. ホープフルステークスは、ステイゴールド一族が穴の素!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2020年12月25日(金)更新

ホープフルステークスは、ステイゴールド一族が穴の素!



【中山11Rホープフルステークス】
(芝2000m 15:25発走)


sakai

ホープフルSは、ステイゴールド系保持馬ロベルト系保持・内包が特注血統。

sakai


まずはステイゴールド系保持馬。昨年は後継機のドリームジャーニー産駒ヴェルトライゼンデが2着と健闘しています。
その他、17年にはステイフーリッシュが8人気3着。GⅡ時代に遡っても、マイネルスフェーンが8人気2着、そして、母父に入っても14年にブラックバゴが9人気3着。
GⅡ昇格後、ステイゴールド系が馬券圏内に入っていない年は18年、15年の2回だけですが、その2年はともに該当馬が1頭もいませんでした。

ホープフルSは、GⅡに昇格して以降6回中のうち3回が1~3人気の上位独占という人気馬が強いレース。その中にあって、好走した伏兵馬のほとんどがステイゴールドの血を持っていたという事実。この系統の中山適性(特に冬場)は、やはり侮れないということです。

sakai


ステイゴールド系と双璧を為す特注血統がロベルト系保持・内包。こちらも伝統的に中山適性の高さが実証されている系統です。
ここ2年、該当馬の好走例はありませんが、かつてOP特別だった時代から頻繁に同レース好走馬に絡んでいるロベルト系。有馬記念もそうですが、この系統の中山戦は忘れた頃にやってくるところもあるので、近2年の不振だけで見限るのは早計だと考えた方がいいでしょう。

今年も、ステイゴールド系とロベルト系に的を絞って候補馬を抽出。

①オーソクレース
(父エピファネイア)

⑦マカオンドール
(父ゴールドシップ)

⑨アオイショー
(母父シンボリクリスエス)

⑭モリデンアロー
(父母父ブライアンズタイム)

⑦マカオンドールは父がゴールドシップ。今年の出走馬で唯一のステイゴールド系保持馬。

前走の京都2歳Sは、直線で2度ほど狭くなるシーンがあった消化不良の競馬。レースレベル自体は特筆して高いというわけではありませんでしたが、この馬自身、紫菊賞から大幅にパフォーマンスを上げており、成長力があるところを垣間見せています。
母系がネヴァーベンド系ダルシャーンというところから、時計の掛かるスタミナ比べは大歓迎のクチ。今の中山ならもう一段階良い走りが見せられるはずです。





【出馬表・オッズはこちら】

境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line