協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 今川秀樹 黒字収支への投資
  4. JCのリベンジ!有馬記念はカレンブーケドールに◎
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

今川秀樹 黒字収支への投資

2020年12月26日(土)更新

JCのリベンジ!有馬記念はカレンブーケドールに◎

【中山11R 有馬記念(GⅠ)】
(芝2500m 15:40発走)


14年~17年は後傾色が強かった有馬記念。しかし、18・19年は道中で大きな緩みが入らない厳しいラップ構成。タフでスタミナと持続力が問われるレースとなった。

今年キモとなるのは①バビットと⑥キセキの主導権争い。⑥キセキは、前走のジャパンCでコントロールが効かず、超ハイペースを刻んでの臨戦。今回はクロス鼻革を着用して手応えを掴んでいるようだが、本質的に持続タイプのためスローで番手に収まる形は考えづらい。時計がかかっている今の中山の芝も考慮すると、今年もスタミナと持続力を重視。

狙いは⑩カレンブーケドール。ジャパンCでも3強の一角崩しを期待して◎を献上したが、惜しくも4着。それでも3~4角で外から押し上げるレース内容は負けて強しと言えるものだった。今回は鞍上が池添騎手にスイッチ。関西所属ながら、中山の芝重賞でベタ買いしてもプラス回収になる中山巧者。この馬の機動力とは手が合いそうだ。惜敗にピリオドを。


【出馬表・オッズはこちら】

12月27日(日)付、東京スポーツ掲載分)

※なお、当コラムは金曜午前段階で執筆されたものです。当日の馬場傾向を踏まえた上での最終結論◎◯▲は『競馬成駿』にてご確認ください!

今川秀樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


今川秀樹

IMAGAWA HIDEKI

ラップ理論のパイオニア・上田琢巳も唸る分析力を誇る、競馬JAPAN発の若手予想家・今川秀樹。6年連続で年間黒字収支を達成している男が、「配当面からも期待値の大きい馬」に狙いを定め、本当に買う価値のある◎本命馬をお届けする。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line