協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. マル秘次走注目馬
  4. 12/26・27開催の次走注目馬
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

マル秘次走注目馬

2021年01月02日(土)更新

【舘林勲特別監修】12/26・27開催の次走注目馬




中山

土曜

1R 2歳未勝利(ダ1200m)
次走注目:クレールフォルム
(7人気5着)
芝1600mを2戦してからのダ1200mと一気の条件変更を試みた一戦。肝心のスタートをヨレ気味に出て最後方からの競馬。流れについて行くのにもやや苦労をしていたが、3角内から上昇を開始して最後は外へ。そこから脚を伸ばして0.8秒差、上がり最速マークは次戦への希望をつなぐ走りだったと言える。
この時期特有のパサパサな砂でもしっかり脚を使えたこと、3~4角でキックバックを気にすることなく上がっていけたことは、ダート適性を探る上でも重要なポイント。条件変更は大正解ですぐにVチャンスが訪れそうだ。



日曜

7R 3歳上1勝クラス(ダ1800m)
次走注目:アメリカンフェイス
(2人気2着)
課題のスタートが決まらなかったが、積極的に出し気味に運んで中団を確保。あとは慌てずに勝ち馬を射程に見ながらの運び。このコースでこの形が取れたのは、今後を考えると心強い材料だ。
結局は前々でスムーズに運んだ勝ち馬を捕えることはできなかったが、その相手もまだまだ上を目指せそうな素材の3歳馬で悲観すべき敗戦ではなし。この休み明け連続2着は素直に能力上位の証しと認められ、次戦は中山でも中京でも確勝クラスの扱いができる。

阪神

土曜

12R 3歳上2勝クラス(ダ1400m)
次走注目:アルベニス
(6人気6着)
骨折で再度の休養を余儀なくされての復帰戦。坂路で4ハロン52秒台を2本とまずまずの調整内容だったが、下見所の姿からするとまだまだ良化余地ある印象を受けた。
実戦では道中で窮屈めの位置にハマってしまい、3~4角では下げ気味にならざるを得ない展開。結局、ここでスムーズさを欠いた影響で直線での追い出しも待たされる格好となってしまった。それでも、ゴール前では狭いところを割って脚を伸ばしており、現クラスのこの条件で極端に時計が速くならない馬場なら十分に好戦できる力量を持っている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line