協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 境和樹:穴馬券ネオメソッド
  4. 函館スプリントS、変わること変わらないこと
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

境和樹:穴馬券ネオメソッド

2021年06月11日(金)更新

函館スプリントS、変わること変わらないこと



【札幌11R函館スプリントステークス】
(芝1200m 15:25発走)


今年は札幌で行われる函館スプリントS。このコースで行われる重賞といえば、キーンランドCですが、そちらは開催後半、しかも道悪で行われることが多いレースで、今回のレースとは状況設定がかなり異なると言わざるを得ません。

まずは、函館と札幌の芝1200における血統傾向の違いをチェック。そして、函館でも札幌でも変わらないであろうレースの性質をベースに予想を組み立てていくことにします。

まずは函館芝1200と札幌芝1200の血統傾向の違いについて。サンプルはいずれも19年以降となります。

sakai


両コースとも安定して力を発揮しているのは、ダイワメジャー、母父サクラバクシンオーといったところ。
逆に、コースによって成績差が大きいのはロードカナロア、ハーツクライ。前者は函館開催では無双状態と言ってもいい活躍を見せますが、札幌開催は一息。昨年に関しては、【1-0-2-20/23】連対率4.3%と完全にブレーキが掛かっていました。
逆に、ハーツクライは函館では平凡な成績ながら、札幌では連対率5割超えの大躍進。上記成績を5頭の別馬でマークしており、本質的な血統適性の高さが窺い知れます。

その他、札幌開催ではストームキャット系産駒が堅調。函館開催ではサドラーズウェルズ、ダンチヒ系が活躍しているなど、微妙な差異が生まれます。

今年の出走メンバーに関しても、通常の函館開催の方が良かった馬、逆に札幌開催になって得している馬が現れることになります。

≫ 続きはログイン内で


lock
WEB新聞・競馬成駿も
¥0無料公開キャンペーン中
contents01 contents02
lock
WEB新聞・競馬成駿も
¥0無料公開キャンペーン中
境和樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


境和樹

SAKAI KAZUKI

立教大学部法学部卒。東スポや競馬の天才で人気上昇中の血統予想家。血統傾向からレースの適性を探る。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line