協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 馬券設定理論
  4. 5月18日(日)の設定理論攻略
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

馬券設定理論

2014年05月17日(土)更新

5月18日(日)の設定理論攻略

⇒はじめての方はコチラ「設定理論」とは?


東京9R  秩父特別

東京コースで複数走、好戦しているのは〇アイスフォーリスと〇ラスヴェンチュラス。この2頭とも放牧明けながら久々はOKのクチ。その他はあくまで展開や馬場などに恵まれないと好勝負できないレベル。馬連&ワイドでシンプルに買うのが最も効率は良いが、2頭軸にして△へ流すのも悪くはない。

△のなかでは、厩舎コメントが非常に良く、ウィリアムズとの相性がバッチリのアナンジュパスを最も評価したい。いずれにせよ、大儲けは期待できないが、確実に儲けられるレースだろう。


11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1








































































          ST

※ST=スタンダードマーク

【出馬表・オッズはこちら】

東京10R  青竜S

出走各馬、異なったローテーションを取っており、能力比較が困難なレース。走破時計の優秀さとコース適性の高さを重視すれば○アナザーバージョンが最有力。東京マイルでの500勝ちは古馬1000万下レベル。ムラのある成績だが東京に限れば崩れておらず、最も手堅い1頭に違いない。

とはいえ、3歳オープンらしく相手を選ぶのも一苦労。決定打がない。関西馬に印が集まるようなら敢えて関東馬へ流したい。今年の3歳ダート路線は関東優勢。エキマエがたびたび高配当を演出してきた。好時計走破があり、控える競馬もできる△ノースショアビーチが穴候補か。


16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1







































































































            ST

※ST=スタンダードマーク

【出馬表・オッズはこちら】

東京11R  ヴィクトリアマイル(G1)

◎ホエールキャプチャは一昨年の勝ち馬、完調手前の昨年が2着。そして状態は昨年以上。さらには強力なライバルも不在。まさに鉄板級だ。相手は阪神牝馬Sで外を回して突き抜けた〇スマートレイアー。単騎逃げでの粘り込みも無理筋ではない☆クロフネサプライズ。勝負馬券はこの2頭。△ウリウリは不運の大外枠。あくまで押さえまで。×の馬も多く、設定6の様相だが、「牝馬限定戦」では過信は禁物。4が妥当だ。

本質的に中距離馬の上、追い切りもそれほど良く見せない×デニムアンドルビー、×ラキシスは危険な2頭。▲メイショウマンボは高速上がりも可能だが本質的にマイルは忙しい。この3頭はパンパンの良馬場での瞬発力比べでは分が悪かろう。△フーラブライトの確変ぶりも不気味だが、これもメイショウマンボのようなパワータイプ。基本的には消しのスタンスだ。


18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

























































































































  ×             ×   ×   ST

※ST=スタンダードマーク

【出馬表・オッズはこちら】

東京12R  BSイレブン賞

追い切りで戸崎が跨り、万全の態勢を敷いてきた○サクラレグナム。実際、現級での連対がないので◎ではないが、限りなく◎に近い。当舞台や休み明けでの実績十分。この馬から流す手だ。相手は△コスタアレグレが有力に映るが、前走はメンバーや枠、そして展開に恵まれた点は否めない。再び好枠を引いた幸運は見逃せないとはいえ、過度な信頼は危険だ。

リスクを覚悟で高配当を狙うのならば、▲オースミイージーが面白い。前走はスタートで躓いた上、直線で伸びかけたところで前が壁。まったく力を出せなかった。もともと現級で上位争いをしていた経緯があり、調子も良さそうだけに一発があっても驚けない。


16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1








































































































              ST

※ST=スタンダードマーク

【出馬表・オッズはこちら】

虎石晃の設定理論とは?

パチスロの必勝法は回収率の高い、いわゆる〝高設定〟の台に座ること。設定の見極めが できればプラス収支は確実。競馬でいえば、設定の高いレースとは〝買いやすく儲けやすい〟 レースのこと。レースの設定を的確に行い、高設定レースを選んで馬券を買えばプラス収支 は現実的。設定理論とは馬券長者への道しるべである。


虎石晃の新時代予想印「スタンダードマーク」

効率的に馬券を買うためには、レースの全体像の把握が不可欠。旧態依然の相対評価ではなく、絶対的評価による印によって全体像を描き出す。


プロフィール
虎石晃

紙面のみならずテレビでも活躍する「東スポの馬券野郎」。平日のトレセン取材を惜しまず、2012年秋には"10週中9週で馬単収支プラス"の離れ業を達成。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line