協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. TOP・無料コンテンツ
  3. 今川秀樹 黒字収支への投資
  4. 【スプリングS】ロードクエストを退ける可能性のある馬は?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬予想

今川秀樹 黒字収支への投資

2016年03月20日(日)更新

【スプリングS】ロードクエストを退ける可能性のある馬は?

これが「3点突破論」今川秀樹の実力だ!
【WEB新聞・競馬成駿にて提供】
1着★①マウントロブソン(5人気)
2着◎④マイネルハニー(4人気)
3着◯⑩ロードクエスト(1人気)
馬連①-④ 3390円[的中]
3連単①→④→⑩ 1万9380円[的中]


競馬成駿の読者様よりお送りいただいた的中画像です▼


馬連33.9倍×3000円=10万1700円払戻!
3連単193.8倍×500円=9万6900円払戻!


【中山11R スプリングS(G2)】
(芝1800m 15:45発走)


過去10年(阪神開催の11年を除く)の前半3Fと後半3Fの平均ラップが「36.5→35.8」と、若干後傾寄りのラップ構成となっているスプリングS。

今年も少頭数で行われる事、及び1番人気が予想されるロードクエストが後方からレースを運ぶ事、更にこれがトライアルで3着以内を確保したい馬が多い事を考えると、極端な前傾戦は考えづらいところだ。

中山の馬場は、開幕直後は外差しバイアスが強かったが、徐々に踏み固められてインの先行勢が戦えるコンディションになってきているイメージ。さらに、週末の降雨で内前優勢馬場に遷移する可能性もある。前受けしてポジション利を生かせる先行馬に色気あり。

狙いはマイネルハニー。前走のフリージア賞は、内前優勢の馬場バイアスを目いっぱい生かした逃げ切りだが、それでも上がり最速で2着に4馬身差は評価できる。

3走前の500万下では、ゲート直後に寄られたり、直線で強引な進路取りになるなどのロスがありながらも、ラストはサトノダイヤモンドに次ぐ脚色。末脚性能はかなり高い。今回は内枠偶数でゲートをポンと出ればポジション利を確保できるはず。ロードクエストの後方一気を封じる可能性があるのはこの馬だ。

(3月20日(日)付、東京スポーツ掲載分)

今川秀樹が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


今川秀樹

IMAGAWA HIDEKI

ラップ理論のパイオニア・上田琢巳も唸る分析力を誇る、競馬JAPAN発の若手予想家・今川秀樹。6年連続で年間黒字収支を達成している男が、「配当面からも期待値の大きい馬」に狙いを定め、本当に買う価値のある◎本命馬をお届けする。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line